相続トラブルの相談をお受けします。福岡近郊の方は出張相談いたします。

●誰が相続人になる?

これはかなり知られている事ですが、誰が相続人になるのかは法律で決まっています。
相続人になれる人は以下のとおりです。

必ず相続人になる人 配偶者
第1順位 子(養子も含む)または孫
第2順位 父、母または祖父、祖母
第3順位 兄弟姉妹

ポイント
・配偶者は必ず相続人になります。
・各順位の中に該当者がいないときに次の順位の人が相続人になります。

一般的な例
夫が死亡して妻と子供が残された場合の相続人は以下のようになります。
・妻(配偶者は必ず相続人になる)
・子(第1順位のため相続人になる)

この例の場合、第1順位である子がいるので、第2順位以下の人は相続人になりません。

ところで、表の中の「子(養子も含む)または孫」の「または孫」とは何でしょうか?
これは本来相続人となるべき子が死亡やその他の原因によって相続人になれない場合はその人の子や孫が相続人になります。
これを代襲相続といいます。


●代襲相続

本来相続人となるべき子が死亡などの原因によって相続人になれない場合はその人の子や孫が相続人になります。
ここでは、図で紹介します。


孫が代襲相続する例

この場合、被相続人の長男が既に死亡しているので、孫が相続人になります。
背景が赤くなっている人が相続人です。
孫が代襲相続する例


兄弟姉妹の子が代襲相続する例

被相続人に子供がいず、その両親も死亡している時は、兄弟姉妹も相続人になりますが、この場合は既に弟が死亡している為、おいが相続人になります。
背景が赤くなっている人が相続人です。

兄弟姉妹の子が代襲相続する例





相続の基礎知識 よくある相続トラブル 相続用語 ご依頼について
■誰が相続人になる?
■法律どおりに分けると?
■遺留分とは?
■相続の放棄と限定承認
■遺産分割協議
■香典は誰のもの?
■親が借金を残して死亡
■生命保険は相続財産?
■相続放棄で生命保険は?
■おなかの子は相続人?
■愛人の子供は相続人?
■遺言で自分の相続分がゼロ
■遺言書が複数でてきた
■相続人が遺言書を破棄した

■相続人がまったくいない
■遺留分
■遺留分減殺請求
■寄与分
■特別受益
■相続放棄
■限定承認
■相続欠格
■相続廃除
■検認
■サービスと料金
■よくある質問
■依頼申し込みフォーム
CopyRight(C)2005 行政書士市川事務所 All Right Reserved