相続トラブルの相談をお受けします。福岡近郊の方は出張相談いたします。

●相続の放棄と限定承認

相続が開始して、財産の相続手続を行います。
でも相続財産というのはプラスのものだけでなく、借金などマイナスのものも含みます

では、プラスの財産よりマイナス財産の方が多い場合はどうするのでしょうか?
相続人が借金を返していかないといけないのでしょうか?

大丈夫です。
こういった場合にも対処する方法が用意されてあります。
それが、これから紹介する相続の放棄と限定承認です。


●相続の放棄

相続の放棄とは、相続権を放棄する事です。
相続の放棄をすると、初めから相続人ではなかったとみなされるので、相続に関する一切の権利や義務も放棄する事になります。

ということは、財産がプラスであってもマイナスであっても、相続の放棄をした人にはまったく関係なくなります。
このおかげで、借金がたくさんあっても相続の放棄をすれば、この借金を背負う必要はなくなります。

相続の放棄は、相続人がそれぞれ個別に行う事ができます
それぞれ個別に行う事ができるという事は、自分は一切財産を相続せずに他の相続人に全ての財産を譲る事ができるということでもあります。実際にこういった使い方もされているようです。
また、相続の放棄を行った場合、代襲相続は適用されません

ここで注意点があります
相続の放棄は、相続が開始した事を知った時から3ヶ月以内に行わないといけません。
3ヶ月を過ぎてしまうと単純承認されたとみなされて放棄できなくなります。


●相続の限定承認

限定承認とは、相続財産のプラスの範囲内でマイナス財産も引き継ぐという制度です。
例えば、プラス財産が100万円でマイナス財産が120万円だとすると、100万円の範囲内で借金を返して、残りの20万円については払わなくてもOKです。
また、プラスの財産の方が多い場合は借金を返した後に残った財産を相続することになります。

限定承認の例(マイナス財産が大きい場合)
限定承認の例(マイナス財産が大きい場合)


ここで注意点があります
相続の放棄は、相続人全員の合意が必要です。1人でも反対した場合は限定承認できません。
また相続が開始した事を知った時から3ヶ月以内に行わないといけません。
3ヶ月を過ぎてしまうと単純承認されたとみなされて限定承認できなくなります。




上記の相談は一般例です。
実際には様々なパターンがあり、条件やその他の理由で、上記の例が当てはまらない場合があります。

「自分の場合はどうなるのだろう?」
そう思われる方も多いと思います。そのような場合は当事務所にご相談ください。
ご依頼者の話をじっくりと聞いて、事実関係を確認した上で最善のアドバイスを提供させていただきます。

ご相談・お問合せはこちら
ご相談・お問合せフォーム

相続の基礎知識 よくある相続トラブル 相続用語 ご依頼について
■誰が相続人になる?
■法律どおりに分けると?
■遺留分とは?
■相続の放棄と限定承認
■遺産分割協議
■香典は誰のもの?
■親が借金を残して死亡
■生命保険は相続財産?
■相続放棄で生命保険は?
■おなかの子は相続人?
■愛人の子供は相続人?
■遺言で自分の相続分がゼロ
■遺言書が複数でてきた
■相続人が遺言書を破棄した

■相続人がまったくいない
■遺留分
■遺留分減殺請求
■寄与分
■特別受益
■相続放棄
■限定承認
■相続欠格
■相続廃除
■検認
■サービスと料金
■よくある質問
■依頼申し込みフォーム
CopyRight(C)2005 行政書士市川事務所 All Right Reserved